トップ > 新大阪・西中島の鍼灸院
新大阪・西中島の鍼灸院

当院の治療目的

「当院の治療目的」

鍼、整体、徒手療法により、その時の患者さんの症状を改善するのはもちろんのことです。
しかし、より重要なのは全体の「筋肉のコリ」「骨の歪み」を改善することにより自然治癒力を高め、
症状がよくなった後も少々の疲れ、
病気に負けない身体を作ることなのです。
つまり 体質改善を行い、健やかな生活を送って頂けるようにする事を最終目的としています。

身体が悪くなるメカニズム

人間の身体というものは、先天的に悪い部分がある場合や、
転んで怪我をするといった極端な事が ない限り、
体の一部だけが悪くなるということはありません。
始めは一部だけが悪くても、その部分 をかばおうとしてほかの部分が悪くなります。
新たに悪くなった部分をかばおうと、さらに別の部分 が悪くなります。
この悪循環が続き、全身が悪くなってしまうのです。
しかし、こうなっても痛み、だるさ、シビレなどの症状は
始めの一部にしか出ない場合が多いのです。
だからどこかに症状が出た時にはすでに全身に悪さが広がり、
自然治癒力が低下していると考えられる のです。
だからこそ、早い時期に「筋肉のコリ」や「骨の歪み」を改善する必要があるのです。

「筋肉のコリ」「骨の歪み」と病気の関係

私たちは思い通りに体を動かすことができますし、
また食事をすると胃腸は自然に動き出します。
これは脳の命令が背骨の中を通る神経に伝わり、さらに筋肉の間に張り巡らされた神経の枝を通って 全身の筋肉や内臓に届いているからです。
同じように心臓から出た血液は筋肉の間に張り巡らされた毛細血管によって全身に運ばれ、筋肉や内臓に栄養分を送ります。
しかし、「筋肉のコリ」や「骨の歪み」がある人はこのような命令の伝達や、
栄養分の運搬が正しく スムーズに行われません。
結果的に自然治癒力(生物が本来持っている病気を治す力)が低下して、
皆さんの病気の大きな原因となっているのです。

美容鍼について

・美容鍼とは

鍼により身体を整え、美容、美顔、美肌、リフトアップを行う美容目的の治療です。
美容と健康は直結しています。
体表に現れる美容上の変化は、身体内部を反映しています。
通常治療により身体の水分代謝を調節し、便秘がちな腸の活動を整え、
自律神経の活動をコントロールしたりといった健康管理をすることで、
特に美容鍼をしなくても美容効果は現れてきます。
当院ではこのような健康管理を基本的に行いつつ、
特に美容に特化した施術を行います。

・血液とリンパ

皮膚の美しさに最も大事なもの、
それは血液・リンパ循環です。
血液・リンパ循環により肌に必要な栄養が運ばれ、
老廃物を運びさります。
循環の良さが肌の新陳代謝をスムーズにし、
皮膚のハリと弾力を保ち、ターンオーバーも円滑にします。

・美しい肌

美しく見せるための鍼ではなく、
健康な身体から生まれる美しい肌を追求する鍼です。
「美しい肌」とは、肌の表面が美しく潤い、
弾力・張りがあり、透明感のある肌です。
健康な皮膚の美しさは健康な身体があって、
初めて生まれるものです。
なぜなら皮膚は皮膚だけが独立したものではなく
生きているのです。

小児鍼について

当院では赤ちゃんやお子様の健やかな成長と健康を願い、小児鍼にも力をいれております。
症状としては赤ちゃん夜泣き、疳の虫、
また勉強や習い事で疲れた子供の肩こりなどにも鍼は良く効きます。
小児鍼は鍼(はり)と言いながら、刺すことがなく皮膚表面をなでさするようにして行うものでとても気持ちの良い治療です。

・お子様のこんな症状に有効です。

  • ✩疳の虫(夜泣きなど)
  • ✩風邪をひきやすい
  • ✩お腹をこわしやすい
  • ✩鼻水鼻ずまりなど
  • ✩食が細い
  • ✩集中力がない
  • ✩キーっとなったり癇癪をおこすことがある
  • ✩怒りっぽい
  • ✩肩こり、腰痛、成長痛など
  • ✩寝つきがわるい
  • ✩疲れ
  • ✩ストレス

以上のような症状があるとき、小児鍼をお勧め致します。

赤ちゃんの場合

赤ちゃんの場合、小児鍼を定期的に受けておりますと、症状の軽減だけでなく、身体に自然治癒力がついてきますので、食も安定し成長がスムーズになります。
風邪を引きにくく、こじらせることが少なくなり、
また夜鳴きなども少なくなり睡眠も安定してくるので、スムーズな成長につながります。

小児のお子さんの場合

落ち着きがない、癇癪(かんしゃく)を起こしやすいお子さんの場合、
原因は性格的なものだけではなく、
身体のちょっとした不調から来ていることが少なくありません。
言葉にできない身体の不調を小児鍼で整えることで
落ち着きを取り戻すことが多くあります。
定期的に治療を受けていますと、身体や頭の発育にも良いのでお勧めです。

学童期のお子さんの場合

小学校に入ると周りへの緊張を内に溜め込んだり、
習い事も重なるとストレスを抱える場合もあります。
定期的に治療を受けることで、小児鍼によるリラックス効果により
集中力がつきますので、学習効果も上がります。

・小児鍼の回数と頻度

小児鍼はとても効果のあるものですが1回ですべてが良くなることは希です。
小児、特に赤ちゃんの身体は体格も小さいため、治療時間は短くなります。
このような短時間の治療を週に何度か受けることが効果的です。
気になる症状が落ち着きましたら、週に1度治療を続けることで効果は出やすくなります。

※病気の症状、身体のじょうたいによって治療効果には個人差があり、
治療頻度・回数は異なります。

ページトップへ戻る